LINEで送る

忍者クラス~其の壱(心得編)〜

忍者クラス~其の壱(心得編)〜

現代ビジネスマンに、忍術(古武道)が、活きる!
日々修行を欠かさない、平成に生きる本物の忍者が、忍者プログラムの体験版を開講。

日本古来の教えが、現代を生きる我々にとても役立つということが、身をもって体験できます。

■期待できる効果(身体)
・疲れづらい身体になる
・肩が凝らなくなる
・筋力に頼らない力の出し方をマスターし、力仕事が容易になる

■期待できる効果(心)
・感情に左右されづらくなり、メンタルが安定する
・決断力が増す
・精神力・胆力をつけられる

■期待できる効果(対人)
・空気を読める人になる
・人の気持がわかるようになる
・いざというときに身を守れる

これらは、ビジネスマンとして一流になっていくために重要です。

男性はもちろん、女性も護身術など、日常に役立つことが満載。



【日 程】 2月11日(日) 
【時 間】 19:00-21:00(18:30開場)
【受講料】 3240円
【定 員】 40名

【教 室】

東京茶業会館 8階

東京都港区東新橋2丁目8番5号

【持ち物】 ・座学のため、ノート・筆記用具
・身体を動かしやすい服装(忍者服をお持ちの方は是非)

< 先生の紹介 >

習志野

習志野

実は、本物の忍者は、現代の日本に実在していました。


徳川家康に仕えた柴田勝重(柴田勝家の孫)の末裔を当主とした、江戸隠密(御庭番衆)。


先々代までで暗殺を請け負うのをやめ、死後50年間、門外不出の秘伝として
忍に伝わる技や、武器の制作方法等を隠密に継承してきた一族。


山に篭り、滝に打たれ、
人間の身体を熟知し、武士道の精神も合わせ持つ、
心・技・体、すべてを研ぎ澄まし続けている本物の忍者。


講師は、
江戸隠密武蔵一族 組頭 習志野氏。


剣術・手裏剣・縄術・古武道の使い手であり、


表舞台で一族の顔としての役割(陽忍)として 活躍している。

お申し込みはこちら